企業が使うIP電話の利点|洗浄カートリッジを利用してプリンターヘッドのトラブルを解決
女の人

洗浄カートリッジを利用してプリンターヘッドのトラブルを解決

企業が使うIP電話の利点

電話する人

データと音声の通信を統合

複数の支社や支店を持つ企業では拠点間を結ぶための通信網として、PCなどで使用するデータ通信と電話で使用する音声通信の両方が必要になります。従来の企業ではデータ回線と電話回線を別々に契約していましたが、それぞれに料金が発生するため経費が余計にかかるという問題点がありました。これを解決するのに役立つのが、高速インターネット回線の普及を背景として一般家庭でも導入が進むIPフォンです。IP電話とも呼ばれるIPフォンはVoIPという技術を使って音声を圧縮し、パケットに変換することによってデータ通信化を実現しています。すでに高速なインターネット回線は国内に広く行き渡っており、全世界がインターネットを通じて1つに結ばれる時代です。このデータ通信インフラを音声通話にも有効活用することで、従来のアナログ電話をIPフォンへと置き換えることができます。IP電話を導入した企業では業務を円滑に進めるために不可欠のデータ通信用回線と電話回線が一本化されるため、経費節減効果を得ています。使用する回線の数が多いほどコスト削減効果が高くなるため、支社や支店の数が多い企業の間でIPフォン導入の動きが広がっているのです。

経費節減と保守管理に効果

IPフォンの経費節減効果はデータ通信網と電話回線網を一本化できる点だけでなく、長距離通話や国際電話にも発揮されます。通常の電話回線では距離に応じて料金も高くなるのが基本ですが、IPフォンでは国内通話の場合距離に関係なく通話料が一定です。そのため地理的に離れた支店や顧客との間で頻繁に通話する必要のある企業では、IP電話を使うことで通話料を大幅に節約できます。国ごとに料金が設定される国際電話でも、全般に有利な料金体系となっているものです。こうしたコスト削減効果に加えて、電話番号表示など多くの便利な機能もIPフォンの見逃せない点です。音声をデータ化して通信することからPCとの連携も容易に実現されており、パソコンと連動させたさまざまな機能が追加できます。IPフォンと連動させたPCでは顧客情報が表示可能となり、PCからの発信やメール感覚でのFAX送受信など多くの応用例が考えられるのです。既存の電話機や回線を変更することなく移行できるIPフォンは、保守管理もインターネット経由で容易に実施できます。課題だった音質が大幅に向上した現在のIPフォンなら、ビジネス用途にも十分に応えられるのです。